社交ダンスドレス・衣装の選び方

社交ダンスドレス・衣装の選び方

社交ダンスのドレス・衣装と一言で言っても、種類・デザインなど本当に様々なものがあるので、ドレス一つを選ぶのも一苦労だと思います。

男性の方はタキシードのようなものと、ある程度選択肢は決まってきますのでそこまで苦労することはないかもしれません。
しかし女性の場合はあれも、これもとドレスを選ぶときにはどうしても目移りしてしまい、中々気に入ったドレスを探し出すのも一苦労だという方は非常に多いです。

ドレスのデザインなどはそれぞれ好みもありますので、「アレが良い!」と一言で片付けることはできませんが、ここではそれ以外の部分での社交ダンスドレスを選ぶときの注意点などをここではご紹介したいと思います。

社交ダンス教室などに通っている方は先生から色々と教わると思いますが、それ以外の方は是非これらを参考にしてみてくださいね。

ドレスはデザインと形態にも注意

まずドレス・衣装選びの大前提として、デザインがしっかりと左右対称になっているものを選ぶようにします。

これはダンスでせっかく綺麗な動きをしても、衣装が左右非対称だという理由だけではた目から見るとちょっとゆがんでしまっているように見えてしまうためです。

左右対称といってもイマイチぴんとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、分かりやすいところでは、背中の部分の切れ込みがしっかり左右対称になっているかどうかだけは確かめるようにした方が良いでしょう。

せっかくの綺麗なダンスがドレスによって邪魔をされては非常にもったいないことです。


また競技会などに出場する場合は季節によって当然ドレスの色にも気を配らなければなりません。

夏のダンス会場ではやはり薄い色の服を着た観客が多くなるので、淡い色のドレスを着ていてはどうしても目立たなくなってしまいますし、冬の場合だとその逆のパターンとなってしまいます。

こういったところにはやはり十分に気を使った方がよいでしょう。

社交ダンスに限らず、自分の衣装を決めるときは、どうしても自分の好みに偏ってしまい、独りよがりとなってしまうこともあります。

そういった事を避けるためにも、ドレスや衣装などを購入するときに店員さんや友人などの意見も購入する前にしっかり聞くようにしましょう。