社交ダンス リズム

リズム感を普段から養おう

社交ダンスに限らず全てのダンスを上達させるためにはリズム感というものが重要になってきます。
と言いますかリズム感がないと絶対にダンスは上達しません。

リズム感って生まれ持った才能のようなものと思っている方も驚くことに多いのですが、実は全くそんなことはなく、何歳になってからでも十分リズム感というもんは養うことができます。

社交ダンスを始める前まではてんでリズム感がなかった私が言うのですからこれは間違いありません。

私もそうったのですがリズム感がないと言う人は、普段の生活の中でダンス用の音楽というものにはほとんど触れていないことが多くなっています

残念ながら演歌などではそこまでリズム感というのは養えないんですね。

ですのでまずは社交ダンス用の、ルンバやチャチャチャ、ワルツなどとにかく普段からこういった音楽を聴き始めるということが大事になってきます。

最初はそれらの音楽をただ聞くだけで良いので、できるだけ多くの時間この社交ダンス用の音楽に触れるようにしてください。

そしてある程度慣れてきたら、掛かっている音楽に合わせて手拍子を打ってみたり、ちょっと体を動かしたりしていきましょう。

大体手拍子が曲の間ずれることなく打てるようになっていれば、それで社交ダンスがやれるくらいのリズム感を得たということになります。

是非チャレンジしてみましょう。