社交ダンス 姿勢

社交ダンス上達は正しい姿勢から

社交ダンスをやられる方で、日本の映画「Shall we dance?」をご覧になったことのある方も多いと思いますが、あのときに印象に残った場面って、最後のダンスシーンもそうですが、あの背中に矯正器具を入れたりしていた姿勢矯正のシーンではなかったですか?

私はそうでした。

今にして思うと、確かに社交ダンスでは姿勢の正しさというのは本当に大事で、これだけでダンスの綺麗さが決まると言っても決して過言ではないくらいなんですよね。

そして普段から姿勢の悪さには定評のあった私には、特に一番難しいところでもありました。

姿勢って、本当に油断するとすぐにいつも通りの悪い姿勢に戻ってしますし、普段から猫背や悪い姿勢の人にとってはただ正しい姿勢でいるというだけで、結構過酷な作業なのです。

そこであの映画のように普段から姿勢を矯正するために血のにじむような特訓をしなければならないというわけです。

しかしあのような姿勢の矯正器具を普段から装着できるなんて人はそうは多くはないでしょう。

ですので、普段何も使わないでもできる姿勢の矯正のトレーニングをこちらではご紹介します。

【姿勢の矯正トレーニングの方法】

  • まずは全身鏡を用意し、そこに写った自分の横姿を確認。

  • 頭の後頭部から腰にかけて綺麗な直線になっているかチェックしてみましょう。
  • もし直線になっていない場合は、鏡を見ながら微調整をして直線に近づけるようにします。
  • 直線になったらその体勢をキープし、一日の中でできるだけその姿勢で生活するようにします。
  • 次の日も姿勢を鏡でチェックし、正しい姿勢を体に覚えこませます。

やることは非常に簡単ですよね。
けど実際にやってみると分かると思うのですが、これは結構辛い作業です。

しかし正しい姿勢でいるというだけで、社交ダンスに限らず普段の生活でもちょっと輝いたり見えたりしますので、是非これはチャレンジしてみましょう。