社交ダンス練習用の衣装とスカートとシューズ

社交ダンス練習用の衣装とスカート

社交ダンスの練習場などを覗いてみると本当に色々な格好をしている人を目にします。

中にはジャージなどの動きやすい格好で練習をしている人もいますし、逆に競技会本番さながらの格好をしている人も中にはいます。

社交ダンス教室などは練習着を指定しているところもあるそうですので、そういった場所ではこういった多様性を見ることはできませんが、それでもほとんどの社交ダンス場ではカラフルな光景を見ることができるのではないでしょうか。

練習場とは言え、こういった様々な衣装を見ることは楽しいかもしれませんが、いざ自分事となると社交ダンスの練習のときには一体なにを着れば良いのか迷ってしまうかもしれません。

ですので、ここでは一般的な初心者の方のための社交ダンスの練習着についてお話をします。

社交ダンスの練習衣装

多くの方が想像しているような華やかな衣装は練習では必要ありません。

もちろん競技会や発表会などを控えているような人は、なるべく本番と状況を同じにする必要がありますので、これらの衣装やドレスを着ることもありますが、競技会などに出場するのはまだまだ先の話である初心者の方には必要ないものでしょう。

男性の方でしたら動きやすいカジュアルなパンツにポロシャツなどちょっと小ぎれいなもの。

そして女性の場合でしたらTシャツに太めのゴムのついたフレーヤースカートなどでも十分でしょう。

しかし、その代わりに例え練習中とは言え、シューズなどは慣れ、そして見ための美しさの点から、男性はダンス用の革靴、そして女性の場合はダンスようのハイヒールを着用する方が好ましいとされています。

シューズの違いによってダンスもしやすくなったり、しにくくなったりもしますので、普段からダンス用のシューズをはくことによって慣れることが大事になってきます。